様々な原因によって体臭を引き起こす|臭いのエチケット

笑顔の女の人

腸内環境を整えること

婦人

悪玉菌に気を付けよう

体臭の原因の一つに腸内環境の悪化があり、腸内環境が悪くなるとひどい体臭に悩まされることがあります。腸内の環境が悪くなる理由の一つがバランスの悪い食事です。肉や揚げ物のいった自分の好きな物ばかり食べていると、腸内の環境は悪くなります。具体的には悪玉菌が増えて、それがきつい体臭の原因になるのですが、自分ではそのことに気づかずに他人に指摘されて、気づくことがあります。悪玉菌が腸内に増えると食べ物が腐敗して、アンモニアや硫化水素などが発生します。これが体臭の原因で、かなり強烈な臭いになることがあります。悪玉菌が増えすぎるとそれを減らすのは容易ではありません。容易ではないので、かねてから食事に気をつけることが大切になります。

発酵食品を取ろう

腸内に増えすぎた悪玉菌を減らす一番良い方法は、発酵食品を毎日の生活に取り入れることです。発酵食品の代表例としてはヨーグルトがあり、ヨーグルトを毎日食べると腸内でビフィズス菌に代表される善玉菌が増加します。ヨーグルトにはいろいろな種類がありますが、糖分の入っていないプレーンヨーグルトが一番のお勧めです。発酵食品は他にもあり、日本の和食には発酵食品が多く使われています。例えば、みそ汁に使われる味噌は発酵食品で、体臭の原因になる悪玉菌を減らすのに役立ちます。納豆も発酵食品の一つであり、毎日の食事に取り入れることは体臭の改善に役立ちます。発酵食品は体臭をよくするために役立つのですが、体の健康にも役立つので一石二鳥の効果を期待できます。